ここに注目コンテンツ①が出る!

小さくてかわいい赤ちゃんの手

厚生労働省が葉酸サプリを推奨するホントの理由」でもお伝えした通り、葉酸は、神経管閉鎖障害の発症リスクを下げる効果があると言われています。

でも、神経管閉鎖障害が、どんな病気なのかイメージできるママさんの方が少ないはず。 どんなに恐い病気なのかイメージが湧かないと、お金をかけてでも、葉酸サプリを摂取するべき理由を理解しにくいと思うのです。

と言うことで、このページでは、「神経管閉鎖障害」について、分かりやすくレポートしたいと思います。

OL-ひらめき


目的や効果を知らずに、「葉酸サプリを飲みなさい!」と一方的に言われると、つい「値段が高いし…」とか、「飲まなくても平気でしょ?」って考えちゃう人もいるかもしれないから、このページを書いたの…

神経管閉鎖障害のことを理解したら、もっと真剣に葉酸サプリ選びと向き合えるはずだから。

知ってしまって、逆に、不安を感じ過ぎちゃうママもいるかもしれないけれど、ママになる以上、知っておかなくちゃいけないこと。赤ちゃんのためにも、しっかりとした知識を身につけましょ!赤ちゃんになにかあって、「あの時こうしてれば…」なんて後悔したくないじゃない?

神経管閉鎖障害はどんな病気?

ほっぺを抱えながら、悩んでいるような赤ちゃん

私たちが、手に力を入れたり、目に映るものを映像として捉えたり、痛みを感じたりできるのは、神経があるおかげ。神経は、脳と体のあらゆる部位を結び、脳からの命令を伝達したり、各部位からの情報を脳に届ける、大切な役割を担っています。

つまり、神経が無いと、人間は手足を動かすことも、痛みや、感覚さえも失ってしまうってこと…。

正常な状態であれば、この神経(脳神経や脊髄神経)は、脊髄の中にあるチューブ状の「神経管」に収まり守られていますが、この神経管が形成されるときに、なんらかの異常が発生すると、神経が神経管の中に収まることができず、脊髄の外に飛び出してしまう状態になります。これが「神経管閉鎖障害」。

生まれてから発症する病気ではなく、ママのお腹の中で発症する、先天的な病気の1つです。

そして、先天性奇形と呼ばれる症状は、神経管閉鎖障害を含め多数ありますが、唯一予防が可能なのが、神経管閉鎖障害であり、その予防方法として注目されているのが、葉酸の摂取ということなんです!

OL-焦り


ちなみに、赤ちゃんの「神経管」が形成されるのは、妊娠 6週目頃。この妊娠●週目って、意外と勘違いしている人が多いんだけど、妊娠が発覚してからではなくて、前回の生理からカウントするんです…。

つまり、妊娠 6週目ってのは、ママが妊娠していることに気付くか、気付かないかの微妙なタイミング。そんな時期に、お腹の中では、赤ちゃんの成長を大きく左右する「重大な出来事」が起こっているの。

だから、厚生労働省は、葉酸サプリを少なくとも妊娠の 1ヵ月以上前から摂取するように推奨してるのよ。

神経管閉鎖障害の種類

ママの掌と赤ちゃんの足

神経管閉鎖障害が発症してしまうと、神経が正常に機能しないことより、脳や脊髄も正しく成長できなくなってしまいます。神経管閉鎖障害は、あくまでも総称であって、具体的に赤ちゃんに現れる障害は、「二分脊椎症」と「無脳症」のどちらかとなりますが、どちらを発症するかは、神経管の「どの部分」で問題が発生したかによって分かれます。

二分脊椎症(にぶんせきついしょう)とは?

神経管ので問題が発生し、脊髄が正しく発達しない状態のことを指します。赤ちゃんが、どの程度の障害を持つかは、生まれてくるまで分かりませんが、下半身に向かう神経が行き届かない状態となるため、脳からの指令を伝達することができず、下半身麻痺や、歩行・運動機能障害などの障害が残ります。

また、二分脊椎症を発症している赤ちゃんの 約 8割は、水頭症(脳脊髄液が過剰に溜まってしまう病気)を合併していることがあるなど、生涯に渡って治療を必要とし、完治することは難しい難病となります。

無脳症(むのうしょう)とは?

二分脊椎症とは逆に、神経管ので問題が発生すると、無脳症を発症します。無脳症は、病名の通り、脳が正常に成長できず、欠損した状態のまま、赤ちゃんが成長を続けることとなるため、多くの場合、死産流産となってしまいます。稀に、無脳症であっても出産まで至るケースも報告されていますが、残念ながら、治療の術は少なく、長く生きることは現実的に不可能と考えられています。

OL-ショック


どちらも、赤ちゃんにとって大きな障害を残してしまう、怖い病気だと言うことが分かっていただけたかしら?

残念ながら、日本では、約 1000人に一人の割合で、神経管閉鎖障害を患った赤ちゃんが生まれていて、発症率は増加傾向にあるそう…。

遺伝的な要因もあるので、葉酸サプリを飲んでも 100% 防げる訳ではないけれど、葉酸による予防効果が認められているので、赤ちゃんのためにも、ちゃんとした葉酸サプリを選ぶのがママの務めよ!

ちなみに、市販されている葉酸サプリの中には、推奨される葉酸量を満たしてないサプリメントもあるから要注意!

どれを選んだらいいか分からない…」って不安を感じているママさんは、当サイトが実施した、ママさん50名に選ばれた「お勧め葉酸サプリランキング」を参考にして頂ければ。

お勧め葉酸サプリランキング



神経管閉鎖障害を注意しないといけないママさんって、どんな人?

神経管閉鎖障害、とくに、二分脊椎症の発症原因は、遺伝的な要因や、環境的な要因なども考えられるため、葉酸サプリだけで100%回避することは出来ませんが、2002年に発足した「葉酸普及研究会」によると、最大のリスク因子は、葉酸の摂取不足にあると注意喚起しています。

推奨される葉酸の必要摂取量(1日 400㎍)を、普段の食生活だけで補うことは、ほぼ不可能であることを考えると、全てのママさんが注意しなくてはいけない対象となりますが、とくに、下記に該当するママさんは注意が必要です。

  • 抗てんかん薬を内服する女性で、葉酸サプリメントを同時に内服していない人
  • 栄養バランスの悪い食事を摂ったり、欠食をしたり、外食ばかりをしている女性(葉酸が不足している
  • 葉酸を代謝する酵素の内(MTHFR)、遺伝子多型(MTHFR 677TT=ホモ接合体遺伝子型)を保有する人
  • 妊娠初期に高熱発作に襲われた人
  • 母体が高度の肥満の場合
  • 母体が糖尿病にかかっている場合

また、葉酸普及研究では、二分脊椎症の赤ちゃんを出産したママさん 360名と、健康な赤ちゃんを出産したママさん 2333名の調査協力を得て、日本人固有の二分脊椎症発生リスクを調査したところ、下記 4つの要因が、二分脊椎症の発症リスクを高めると発表しているんです。

  • 妊娠前~妊娠前期に葉酸サプリメントを内服していなかった (オッズ比 2.5)
  • 抗てんかん薬を葉酸サプリメントの併用なしで内服した (オッズ比 20.2)
  • 3等親以内に二分脊椎の患者がいる (オッズ比 4.3)
  • 赤ちゃんの生下時体重が2.5Kg以下であった (オッズ比 4.2)
※ オッズ比の値が高いほど、発症リスクが高まる。
二分脊椎とは ~ 日本人固有の原因と予防対策
OL-呆然


アタシがインタビューしたママさん50人の中で、葉酸サプリを飲まなかった、もしくは、飲むのを途中で辞めてしまった方の多くが、「値段が高いから…」とか、「効果が感じられなかった…」とか、「錠剤が苦手…」といった理由を挙げていたけど、きっと、この事実を知らなかったと思うの…。

知っていたら、「 飲まない 」って選択肢はありえないでしょ?

ちなみに、過去に、二分脊椎症の赤ちゃんを妊娠したことがある女性は、次の妊娠でも二分脊椎の赤ちゃんを妊娠する可能性が、一般の女性に比べて、3倍~5倍も高くなるというデータもあるそう。

赤ちゃん健康のために、ちゃんした葉酸サプリを選んで、しっかり予防しましょう!ちなみに、葉酸サプリを摂取する時期も重要だから、妊活予定のママさんは間違えないように!妊娠前から飲むのが重要ですよ。

葉酸サプリは、いつから飲めばいいの?

ここに注目のコンテンツ②がでる!

葉酸サプリランキング